| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何気ない日常♪

おかげさまで、普段と変わらないくらい元気になってきたラファン。
注意して見ておける時は、リードを外していますが、しばらくの間
自由が利かなかったからか、リードを外すとやっぱりとっても嬉しそう(*^_^*)

今日は可愛らしい姿で、ガムをカミカミしています♪

1_20090928222925.jpg

…おっと、写真を間違えてしまいました(^_^;)
↑のラファンはだいぶおっさんくさいですね、笑

可愛く食べてくれているのはこちら~。

2_20090928222924.jpg

今日はすっかり元気だったので、ちょんまげも結び治すことができました(*^_^*)

3_20090928222924.jpg

一枚目の写真とは大分雰囲気が違います。

5_20090928222924.jpg

こんな風になにげない日常がやっぱり一番幸せなんだな~って
しみじみしちゃいます(*^▽^*)

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


スポンサーサイト

| 病院 | 23:48 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラファン、回復してます♪

ラファンですが、おかげさまで順調に回復してくれています。
昨夜遅くまではまだ若干のふらつきがありましたが、その後熟睡してくれて、
夜中~明け方にチッチで目が覚めて起きた際には
ふらつきはほとんどなくなっていました!

1_20090927222552.jpg

↑寝起きのためにちょっとぽや顔?なラファンたん。
ずっとブラッシングも何もしていないので、チョンマゲも乱れてて、
全体的にモサモサでオイリーな感じが漂ってます、笑。

今日は夕方に病院に行って、先生からももう心配ないでしょうって言われたので
点滴をすることもなく、針も抜いてもらいました。

点滴のしたところの毛を剃られてるとばかり思っていたのですが、
何故か剃られていませんでした。(剃られないのが普通??)

今日はラファンの様子も大丈夫そうだったし、エルネがお散歩できてなくて可哀想だったので
病院まで歩いて行きました。
あ、ラファンはもちろん抱っこです。

ここ数日、ラファンが非常事態だったので、ラファンのことばかり書いていましたが、
エルネちん、実はびっくりするくらいお利口さんでいてくれました。

2_20090927222552.jpg

ラファンの骨折の時もそうだったけど、やっぱりちゃんと状況を理解してくれているみたいです。

いつもは何事もエルネ優先だけど、こんなときはやっぱりラファン優先になってしまうのですが
なんでも一歩退いてガマンしてくれましたし、ラファンを遊びに誘うようなこともしなかったし・・・。

そして、今朝「ラファンが元気になってきたね~」って母と話していたその瞬間に
ラファンの方から「ワン!」って声が聞こえてきて。
振り向くと、エルネが思い切りラファンにくっついて遊びに誘っていました。
(吠えたのはエルネちん!)
やっぱり動物独特の勘のようなものがあるのかなぁ。

そんな(こちらもモサモサだけど)お利口なエルネちんですが、実は事件当日は彼女も
可哀想な目にあいました。

母がラファンだけを連れて病院に行ったので(私は途中合流)エルネはひとり残されたのですが
普段はそんな状況を作っていない上に、母の慌てっぷりを目の当たりにしてるので
かなり怯えてパニック状態に陥っていたようです。
ラファンが点滴している際に母が迎えに行ったのですが、いつもはお留守番中に
ベッドで寝ているエルネが、その時は部屋の真ん中でうずくまって震えて
呼んでも動けないくらいの状態だったそうで・・・。

やっぱり飼い主の気持ちとかって伝わるんでしょうね。
エルネちんも怖かったんだよね、ゴメンね~!

3_20090927222551.jpg

それから、今回の件はラファンは15cmの高さから落ちてると推測されるから
なんでここまでひどい脳震盪になるかな?ってのが疑問で
いろいろとその時の状況から考えていました。

ラファンは頭蓋骨の泉門もしっかり閉じてるので(骨折時にレントゲンで確認済み)、
軽い衝撃で脳震盪っていうのは考えにくいんじゃないかって・・。

それで、昨日は体を張って、いろいろ実験してみました(ここ、笑ってほしいとこです!)

それでやっと気付いたのですが15cmの高さって言っても、
抱っこ状態で15cm地点から落下した場合と、今回のラファンの状況とは全く違うということ。
(ええ、気付くの遅すぎなんです~)

マットレスの高さが15cmでもラファンの足から頭の頂点までは25cmくらいあるし、
ジャンプしていた時にバランスを崩したと仮定するなら、
頭は高さ50cm近くのところから落ちたということになります。
しかもラファンはエルネと違って、ものすごく勢いをつけて降りてくるから
やっぱり衝撃はすさまじいはずです。

だいたいラファンはエルネにぴったりくっついて飛び降りるから、
ジャンプ中に弾き飛ばされた可能性は考えられるし・・・。
(エルネはジャンプせずにトコトコと用心して降ります)

とにかく、安全対策を考え直さなければ!と思いました。

4_20090928010159.jpg

元気さが随分戻ってきたラファンですが、今回の事件の後から、
ものすごーく、敏感になったというかちょっとした物音にも怯えるようになってしまいました。
先生にも言われましたが、やっぱりかなり精神的にダメージを受けているみたいです。

これから、ゆっくりゆっくり時間をかけてラファンの心のケアを
してあげられるといいのですが><

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 病院 | 23:59 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラファン、がんばってます。

昨日はたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
ご心配おかけしてしまい、すみません。
皆様の、温かいお気持ちが本当に嬉しかったです(*^_^*)

昨日は夜中中、母と交代で(というかほとんど一緒にだけど)ラファンを
観察していましたが、特に容態が急変することもなく、
むしろ、少しずつ元気になっているようで、立ち上がった時のふらつきが
少しずつ治まっていつように感じられました。
(神経症状として表れていたと思われる後ろ足の麻痺?が緩和されてきたようです)

朝になって私たちが身支度を始めると、よろめきながらも
サークルの中で2本足で立ち上がったりもしていたので、
都度都度、抱っこをしなくちゃいけなくて、返ってハラハラ・・・(^_^;)

夜間動物病院には行かずに済んだので、
朝一で昨日診察してもらった近所の病院へ行ってきました。

歩き方を診てもらい、昨日に比べて随分回復していることは明らかでしたが
念のために昨日と同じ点滴を量を減らして打ってもらうことに。

点滴中、昨日はおとなしく横になってましたが、
今日はバタバタと暴れるのでずっと抱っこしていました(^_^;)
動き回るのは元気になってくれている証拠なので、喜ばしいことなんですけどね。

0_20090926220706.jpg

今日も点滴のプラスティック針はつけっぱなしで帰ってきました。
サークルに入れると、鳴いたり二本足で飛び上がったりして、危ないので、
今はサークルから出して、行動範囲を制約するためにリードでつないでます。

本人も繋がれていることが分かるので、大人しくしてくれていい感じかも(*^_^*)

昨日の夕食も今日の朝食も食べれなかったせいか、病院では1キロも体重に変化がありました。
(500g単位の量りだったのでちょっと曖昧)
食事OKの許可が出たので、病院から帰宅してすぐにゴハンをあげることに。
ただし、今日は少しの量を3時間間隔くらいで小分けにして与えます。

1_20090926220706.jpg

今日はエルネにもその小分けプランに付き合ってもらっています。

2_20090926220706.jpg

ラファンは昨夕の出来事が嘘だったかのようなすごい食べっぷりで、
いつも通り、エルネよりも早く完食しました(*^_^*)

3_20090926220706.jpg

エルネが食べ終わった後のお皿もしっかりお掃除してます♪

4_20090926220705.jpg

まだ引き続き注意して看ておかなければ行けない状態ですが、
とりあえず、昨夕の出来事から24時間以上経過したので、少しは安心出来る感じです。

心配だった食後の嘔吐もなかったので、ほっとしました。
後は健康なウンさんを出してもらえればいいのですが、昨日の食事量が少なかったので
もう少し時間がかかりそうです(^_^;)

5_20090926220705.jpg

昨日は眠りが浅くてしっかり眠れてなかったみたいなので
今日はどうかたっぷり眠ってくださいよ。

昨日はよろめきながら立ち上がっても2,3歩でふらふらしてペタンと座り込むような
状態でしたが、今日は立ち上がる際にヨタヨタすることはありますが
歩きだしたら足取りスムーズな感じです。

6_20090926220729.jpg

今のラファンを見ていると、起きていても「体が休まらないんじゃないか」
「寝れない理由があるんじゃないか」って心配だし
寝ていても「具合が悪いんじゃないか」って心配だし、とにかく何をしていても
心配になってしまいます(^_^;)

明日もまた病院に行ってきます。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 病院 | 23:34 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラファン、病院へ。

今日はとても大変なことが起こりました。
(今は大分落ち着いているので安心して読まれてくださいね)

帰宅時に突然、母から電話があり、
「ラファンが転んで倒れて動かなくなって…」と聞かされました。

母も転んだ現場を見たわけじゃないので、
どういう状況だったか詳しくは分からないのですが、
状況から推測するに、私のベッドから降りる際に着地に失敗して
転んで頭をぶつけたようです。

ベッドといっても高さは30cmくらいで、床とベッドの間にはベッドと同じ縦幅の
マットレスをどか~んと置いているので、実質10~15cmくらいの場所からの
着地を失敗したのでしょう。
床にも滑り止めマットを敷いてるので、実際は着地ではなく、
ジャンプに失敗したのかもしれません。

母が気付いた際には、呼びかけにも応じず意識不明、
ヘソ天で硬直、目も白黒していたそうです。

帰宅中の私も合流して、なるべく動かさないようにしてすぐに病院へ行きました。
ラファンは明らかに呼吸の仕方が異常で、
息が出来なくて苦しそうにしていました。
いつも元気いっぱいなラファンなのに、本当につらそうでした。

こんなときに限って車が渋滞していて、とてももどかしかったです;

病院では目の診察や体温・血圧の測定のあと、胸部のレントゲンを撮りました。
(瞳孔や体温、血圧は正常でした)
息が苦しそうなので、脳震盪だけじゃなく胸も強打してるのかもしれない、と心配でしたが、
レントゲンの結果、肺には異常は見られませんでした。
肺に問題がないので、呼吸が乱れている原因は、
強いショック状態のせいだろう…ということでステロイドを注射・・。
その後、しばらくして呼吸が正常に戻りつつあり、頭も持ち上げられるようになったので
少しホッとしました。
こんな時に、ステロイドはすごく頼もしい存在のようです。

ただ、やはりふらつきがあるようで、上手く歩くことができません。
入院させるか否か迷いましたが、一晩中つきっきりで見てもらえるわけじゃないので
今日は連れて帰ることにました。
家でならずっと見てあげられるし、万が一の時は夜間動物病院に行くことができるので。
(できれば夜間には行きたくないのですが…)
先生もその選択肢を勧められました。

結局、脳圧を下げる点滴を打ってもらい、今日は連れて帰ってきました。
結構長い時間病院に滞在していましたが、
その間にも改善方向に向かっているようでしたので。

1_20090925225232.jpg

今は安静第一ということで、サークルレスト中です。
呼びかけにもはっきり応じるようになり、
自力で立ち上がって、シートの上でチッチもしてくれます。
(写真にばっちり、チッチ染みが写ってしまいました;)
まだ歩き方はおぼつかない様子ではありますが・・。

何かあった際に、すぐに処置ができるようにと、
腕にはプラスチック針をつけたままにしてもらっています。

2_20090925225232.jpg

ラファンが回復方向へ向かってくれているようなので、
私も落ち着いて更新することができています。
ただ、頭を打った場合は2日間は要注意なので、まだまだ安心はできませんが・・・。

今日は本当に目まぐるしい展開で、泣く暇もない感じでしたが、
ラファンは本当にきつい中、よくがんばってくれました。

明日はまた、良い報告ができると信じています。

昨日、今日と長文になってしまいましたが、
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 病院 | 23:59 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE 生足☆

2日ほど前に病院からこの姿で帰ってきたラファンたん。

1_20090511223152.jpg

先生から、その日のうちに包帯を外してOKと言われたので
恐る恐る外してみました・・・

2_20090511223208.jpg

予想通り、1ヶ月半ぶりに顔を出したお手手を
真剣に舐めるラファゴン。

よく見るとピンが刺さっていた跡が確認できます。
小さい跡だけどやっぱりちょっと生々しいです。
化膿止めのお薬を明日の分までいただいてきました。

3_20090511223222.jpg

皮膚を貫通して、骨に刺していたピンはこのくらいの大きさ。
刺していた4本のうち、2回目の処置で抜いた2本を
持ち帰ってきました。

4_20090511223241.jpg

剥き出しになったアンヨはやっぱりちょっと頼りなさげ・・・

両足を触ると、筋肉が落ちていることがはっきりわかります。
そのせいか、静止しているときは少し足を持ち上げることもしばしば・・・。
歩き出すと4本足でのっしのっしと、なかなか頼もしく歩いてくれます。

5_20090511223307.jpg

かなり長いこと舐めまくったら、漸く違和感も収まったようで
今日はほとんど舐めていません。

7_20090511223336.jpg

両前足が使えるのがすごく嬉しいみたいで、息が切れるまで
クッションを掘りまくったりしています(^_^;)

6_20090511223316.jpg

ツルツルに剃られた右足も、しばらく見ないうちに
くるくるのプードル毛が生えてきていました(*^_^*)

8_20090511223349.jpg

左右カタカタだからバランス悪いけど・・・笑。

9_20090511223417.jpg

写真じゃ分かりにくいけど、最近のラファンは
本当に嬉しそうな顔をしてくれるんですよ~(*^_^*)

ラファンの笑顔を見てると、私もすごく嬉しくなっちゃいます♪

ランキングに参加してます♪
よかったら、応援のクリックをお願いします
(クリックは1日1回有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも本当にありがとうございます!

| 病院 | 23:08 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。