2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだ暑いの?

私がPCに向かっているとき、エルネちんは隣で
こんな風に寝ています。

0_20090930221145.jpg

すごーく寝心地が悪そうなんだけど、エルネにとってはかなり具合がいいようで;
いつもへり(?)の金属部分に体をくっつけるようにして
気持ち良さそうに眠っています。

冷え冷えボードは大嫌いなのに…(^_^;)

1_20090930221145.jpg

時にはラファンと一緒に眠ったりもするけど、
やっぱり暑いみたいで、これくらいの距離間隔が限界みたい。

1_20090930215131.jpg

2ワンでぴったり寄り添ってくれる季節の到来が楽しみです。

ちなみにふたりの体の真ん中にあるのは
ラファンが毎日欠かさず噛み続けてきたガム…。

原型をとどめていないけど、もともとは赤と白の部分が一緒にツイストしてあって、
2色のツイストキャンディのような形をしています。

2_20090930215131.jpg

形は変えることができてもなかなかお腹の中には入らないみたいで
ちょっと可哀想なラファン(^_^;)

3_20090930215131.jpg

でも、数あるガムの中で、エルネもラファンも
このガムが一番のお気に入りなんですよね。

P2というペットショップに行った時には、2ワン分を必ず買ってしまいます。

ちょっと前までは、ラファンは自分で形を変えることが出来なくて、
いつもエルネがほぐして飽きたものを譲り受けていましたが、
今回は最初からラファンの力だけでここまでぐちゃぐちゃにできました!

ちなみにエルネはガムに興味を持つのは買って1,2日くらいで・・・
後は風味がなくなるからか、どうでもよくなってしまい、
結局、ラファンが全部回収してしまいます(^_^;)

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


スポンサーサイト

| 日常 | 23:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先を越した~!越された~!!

2歳6カ月のエルネちん。

1_20090929230847.jpg

11か月のラファゴンについに・・・!

なんとラファンの乳歯がすべて抜けました!
(エルネはまだ犬歯が1本だけ残っています。)

昨日、ガムをカミカミしているときに左側の犬歯がポロっと…。
結構がっちり生えていたので、まだまだ抜けないな~っと思っていたのですが、
突然に、ちょっと変な抜け方をしました。

犬歯って抜けたときに、ちょっと筒状になってて中に空洞がありますよね?
犬歯は綺麗に抜けましたが、その空洞部分にくっついていたであろう歯ぐきが
生々しく残っているのです。

永久歯の犬歯の隣に、乳歯の犬歯の代わりに、赤い歯ぐきがぴろ~んと。

今日になって大分治まったのですが、もしかしたら先日の事故で、
まだ抜けるつもりじゃなかった犬歯に衝撃が加わって
取れやすくなったのかな?なんて、考えたりもしています。

あまりに大きな代償を払うことになりましたが、
自然に(?)抜けてくれたことは喜ばしいというか、なんというか・・・。

2_20090929230846.jpg

乳歯収集も、昨日をもってしばらくお休みとなりそうです(^_^;)

3_20090929230846.jpg

随分、たくさん集まりました(*^_^*)
でも調べてみると、乳歯は全部で28本あるようなので、
やっぱり結構見逃してしまってるんでしょうねぇ。

骨折手術の入院中に抜けて行方不明になった前歯4,5本が悔やまれます(^_^;)

6_20090929230845.jpg

エルネちんの乳歯もちゃんと大切にとってあります。
エルネの時もすごーくがんばって集めていたけど、かなり本数に差が・・・。

抜けたって分かって探しても見つからないことが結構あったから
きっと食べちゃったりしたんだと思います。

4_20090929230846.jpg

ココママさんにいただいた可愛い乳歯ケースに入れて
大事に飾ってあります(*^_^*)

5_20090929230846.jpg

エルネも少しずつグラグラ動いてきているので、
このまま自力で抜けてくれるといいな~。

7_20090929230855.jpg

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 日常 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何気ない日常♪

おかげさまで、普段と変わらないくらい元気になってきたラファン。
注意して見ておける時は、リードを外していますが、しばらくの間
自由が利かなかったからか、リードを外すとやっぱりとっても嬉しそう(*^_^*)

今日は可愛らしい姿で、ガムをカミカミしています♪

1_20090928222925.jpg

…おっと、写真を間違えてしまいました(^_^;)
↑のラファンはだいぶおっさんくさいですね、笑

可愛く食べてくれているのはこちら~。

2_20090928222924.jpg

今日はすっかり元気だったので、ちょんまげも結び治すことができました(*^_^*)

3_20090928222924.jpg

一枚目の写真とは大分雰囲気が違います。

5_20090928222924.jpg

こんな風になにげない日常がやっぱり一番幸せなんだな~って
しみじみしちゃいます(*^▽^*)

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 病院 | 23:48 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラファン、回復してます♪

ラファンですが、おかげさまで順調に回復してくれています。
昨夜遅くまではまだ若干のふらつきがありましたが、その後熟睡してくれて、
夜中~明け方にチッチで目が覚めて起きた際には
ふらつきはほとんどなくなっていました!

1_20090927222552.jpg

↑寝起きのためにちょっとぽや顔?なラファンたん。
ずっとブラッシングも何もしていないので、チョンマゲも乱れてて、
全体的にモサモサでオイリーな感じが漂ってます、笑。

今日は夕方に病院に行って、先生からももう心配ないでしょうって言われたので
点滴をすることもなく、針も抜いてもらいました。

点滴のしたところの毛を剃られてるとばかり思っていたのですが、
何故か剃られていませんでした。(剃られないのが普通??)

今日はラファンの様子も大丈夫そうだったし、エルネがお散歩できてなくて可哀想だったので
病院まで歩いて行きました。
あ、ラファンはもちろん抱っこです。

ここ数日、ラファンが非常事態だったので、ラファンのことばかり書いていましたが、
エルネちん、実はびっくりするくらいお利口さんでいてくれました。

2_20090927222552.jpg

ラファンの骨折の時もそうだったけど、やっぱりちゃんと状況を理解してくれているみたいです。

いつもは何事もエルネ優先だけど、こんなときはやっぱりラファン優先になってしまうのですが
なんでも一歩退いてガマンしてくれましたし、ラファンを遊びに誘うようなこともしなかったし・・・。

そして、今朝「ラファンが元気になってきたね~」って母と話していたその瞬間に
ラファンの方から「ワン!」って声が聞こえてきて。
振り向くと、エルネが思い切りラファンにくっついて遊びに誘っていました。
(吠えたのはエルネちん!)
やっぱり動物独特の勘のようなものがあるのかなぁ。

そんな(こちらもモサモサだけど)お利口なエルネちんですが、実は事件当日は彼女も
可哀想な目にあいました。

母がラファンだけを連れて病院に行ったので(私は途中合流)エルネはひとり残されたのですが
普段はそんな状況を作っていない上に、母の慌てっぷりを目の当たりにしてるので
かなり怯えてパニック状態に陥っていたようです。
ラファンが点滴している際に母が迎えに行ったのですが、いつもはお留守番中に
ベッドで寝ているエルネが、その時は部屋の真ん中でうずくまって震えて
呼んでも動けないくらいの状態だったそうで・・・。

やっぱり飼い主の気持ちとかって伝わるんでしょうね。
エルネちんも怖かったんだよね、ゴメンね~!

3_20090927222551.jpg

それから、今回の件はラファンは15cmの高さから落ちてると推測されるから
なんでここまでひどい脳震盪になるかな?ってのが疑問で
いろいろとその時の状況から考えていました。

ラファンは頭蓋骨の泉門もしっかり閉じてるので(骨折時にレントゲンで確認済み)、
軽い衝撃で脳震盪っていうのは考えにくいんじゃないかって・・。

それで、昨日は体を張って、いろいろ実験してみました(ここ、笑ってほしいとこです!)

それでやっと気付いたのですが15cmの高さって言っても、
抱っこ状態で15cm地点から落下した場合と、今回のラファンの状況とは全く違うということ。
(ええ、気付くの遅すぎなんです~)

マットレスの高さが15cmでもラファンの足から頭の頂点までは25cmくらいあるし、
ジャンプしていた時にバランスを崩したと仮定するなら、
頭は高さ50cm近くのところから落ちたということになります。
しかもラファンはエルネと違って、ものすごく勢いをつけて降りてくるから
やっぱり衝撃はすさまじいはずです。

だいたいラファンはエルネにぴったりくっついて飛び降りるから、
ジャンプ中に弾き飛ばされた可能性は考えられるし・・・。
(エルネはジャンプせずにトコトコと用心して降ります)

とにかく、安全対策を考え直さなければ!と思いました。

4_20090928010159.jpg

元気さが随分戻ってきたラファンですが、今回の事件の後から、
ものすごーく、敏感になったというかちょっとした物音にも怯えるようになってしまいました。
先生にも言われましたが、やっぱりかなり精神的にダメージを受けているみたいです。

これから、ゆっくりゆっくり時間をかけてラファンの心のケアを
してあげられるといいのですが><

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 病院 | 23:59 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラファン、がんばってます。

昨日はたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
ご心配おかけしてしまい、すみません。
皆様の、温かいお気持ちが本当に嬉しかったです(*^_^*)

昨日は夜中中、母と交代で(というかほとんど一緒にだけど)ラファンを
観察していましたが、特に容態が急変することもなく、
むしろ、少しずつ元気になっているようで、立ち上がった時のふらつきが
少しずつ治まっていつように感じられました。
(神経症状として表れていたと思われる後ろ足の麻痺?が緩和されてきたようです)

朝になって私たちが身支度を始めると、よろめきながらも
サークルの中で2本足で立ち上がったりもしていたので、
都度都度、抱っこをしなくちゃいけなくて、返ってハラハラ・・・(^_^;)

夜間動物病院には行かずに済んだので、
朝一で昨日診察してもらった近所の病院へ行ってきました。

歩き方を診てもらい、昨日に比べて随分回復していることは明らかでしたが
念のために昨日と同じ点滴を量を減らして打ってもらうことに。

点滴中、昨日はおとなしく横になってましたが、
今日はバタバタと暴れるのでずっと抱っこしていました(^_^;)
動き回るのは元気になってくれている証拠なので、喜ばしいことなんですけどね。

0_20090926220706.jpg

今日も点滴のプラスティック針はつけっぱなしで帰ってきました。
サークルに入れると、鳴いたり二本足で飛び上がったりして、危ないので、
今はサークルから出して、行動範囲を制約するためにリードでつないでます。

本人も繋がれていることが分かるので、大人しくしてくれていい感じかも(*^_^*)

昨日の夕食も今日の朝食も食べれなかったせいか、病院では1キロも体重に変化がありました。
(500g単位の量りだったのでちょっと曖昧)
食事OKの許可が出たので、病院から帰宅してすぐにゴハンをあげることに。
ただし、今日は少しの量を3時間間隔くらいで小分けにして与えます。

1_20090926220706.jpg

今日はエルネにもその小分けプランに付き合ってもらっています。

2_20090926220706.jpg

ラファンは昨夕の出来事が嘘だったかのようなすごい食べっぷりで、
いつも通り、エルネよりも早く完食しました(*^_^*)

3_20090926220706.jpg

エルネが食べ終わった後のお皿もしっかりお掃除してます♪

4_20090926220705.jpg

まだ引き続き注意して看ておかなければ行けない状態ですが、
とりあえず、昨夕の出来事から24時間以上経過したので、少しは安心出来る感じです。

心配だった食後の嘔吐もなかったので、ほっとしました。
後は健康なウンさんを出してもらえればいいのですが、昨日の食事量が少なかったので
もう少し時間がかかりそうです(^_^;)

5_20090926220705.jpg

昨日は眠りが浅くてしっかり眠れてなかったみたいなので
今日はどうかたっぷり眠ってくださいよ。

昨日はよろめきながら立ち上がっても2,3歩でふらふらしてペタンと座り込むような
状態でしたが、今日は立ち上がる際にヨタヨタすることはありますが
歩きだしたら足取りスムーズな感じです。

6_20090926220729.jpg

今のラファンを見ていると、起きていても「体が休まらないんじゃないか」
「寝れない理由があるんじゃないか」って心配だし
寝ていても「具合が悪いんじゃないか」って心配だし、とにかく何をしていても
心配になってしまいます(^_^;)

明日もまた病院に行ってきます。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 病院 | 23:34 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラファン、病院へ。

今日はとても大変なことが起こりました。
(今は大分落ち着いているので安心して読まれてくださいね)

帰宅時に突然、母から電話があり、
「ラファンが転んで倒れて動かなくなって…」と聞かされました。

母も転んだ現場を見たわけじゃないので、
どういう状況だったか詳しくは分からないのですが、
状況から推測するに、私のベッドから降りる際に着地に失敗して
転んで頭をぶつけたようです。

ベッドといっても高さは30cmくらいで、床とベッドの間にはベッドと同じ縦幅の
マットレスをどか~んと置いているので、実質10~15cmくらいの場所からの
着地を失敗したのでしょう。
床にも滑り止めマットを敷いてるので、実際は着地ではなく、
ジャンプに失敗したのかもしれません。

母が気付いた際には、呼びかけにも応じず意識不明、
ヘソ天で硬直、目も白黒していたそうです。

帰宅中の私も合流して、なるべく動かさないようにしてすぐに病院へ行きました。
ラファンは明らかに呼吸の仕方が異常で、
息が出来なくて苦しそうにしていました。
いつも元気いっぱいなラファンなのに、本当につらそうでした。

こんなときに限って車が渋滞していて、とてももどかしかったです;

病院では目の診察や体温・血圧の測定のあと、胸部のレントゲンを撮りました。
(瞳孔や体温、血圧は正常でした)
息が苦しそうなので、脳震盪だけじゃなく胸も強打してるのかもしれない、と心配でしたが、
レントゲンの結果、肺には異常は見られませんでした。
肺に問題がないので、呼吸が乱れている原因は、
強いショック状態のせいだろう…ということでステロイドを注射・・。
その後、しばらくして呼吸が正常に戻りつつあり、頭も持ち上げられるようになったので
少しホッとしました。
こんな時に、ステロイドはすごく頼もしい存在のようです。

ただ、やはりふらつきがあるようで、上手く歩くことができません。
入院させるか否か迷いましたが、一晩中つきっきりで見てもらえるわけじゃないので
今日は連れて帰ることにました。
家でならずっと見てあげられるし、万が一の時は夜間動物病院に行くことができるので。
(できれば夜間には行きたくないのですが…)
先生もその選択肢を勧められました。

結局、脳圧を下げる点滴を打ってもらい、今日は連れて帰ってきました。
結構長い時間病院に滞在していましたが、
その間にも改善方向に向かっているようでしたので。

1_20090925225232.jpg

今は安静第一ということで、サークルレスト中です。
呼びかけにもはっきり応じるようになり、
自力で立ち上がって、シートの上でチッチもしてくれます。
(写真にばっちり、チッチ染みが写ってしまいました;)
まだ歩き方はおぼつかない様子ではありますが・・。

何かあった際に、すぐに処置ができるようにと、
腕にはプラスチック針をつけたままにしてもらっています。

2_20090925225232.jpg

ラファンが回復方向へ向かってくれているようなので、
私も落ち着いて更新することができています。
ただ、頭を打った場合は2日間は要注意なので、まだまだ安心はできませんが・・・。

今日は本当に目まぐるしい展開で、泣く暇もない感じでしたが、
ラファンは本当にきつい中、よくがんばってくれました。

明日はまた、良い報告ができると信じています。

昨日、今日と長文になってしまいましたが、
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 病院 | 23:59 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

殺処分について。

今日は非常に重い内容です・・・ゴメンなさい。
エルファンの写真を挟みながら、書いていきたいと思います。

1_20090924215056.jpg

昨日のNEWS JAPAN(滝川クリステルさんがキャスターのニュース番組)・・・
ご覧になられた方も多くいらっしゃると思いますが、
そこに映し出されたのはあまりにもショッキングな映像でした。

テーマは犬・猫の殺処分。
今月20日から26日までの動物愛護週間にちなんだ特集です。

2_20090924215056.jpg

(以下、TVからの情報に加え、ネットからの情報も混ざっています)

前半は良例として、熊本市動物愛護センターの取り組みが取材されていました。
「安易にセンターで引き取らない」という異例の方針を打ち出した2004年以降、
安易に犬・猫を持ち込もうとする市民への職員さんのきびしい対応、
やむなく引き取らざる得なかった犬猫に対しての粘り強い譲渡斡旋などが功を奏し、
殺処分頭数が13年前の20分の1になっているそうです。

殺処分機はここ2年間稼働していないそうで、やむを得ない場合は
薬物注射での安楽死・・・。
(時には戒めの意も込め、飼い主の腕に抱かせたまま処置することもあるとか)

3_20090924215056.jpg

そして驚くことに、今年の4月以降は1匹も殺処分されていないとか・・・。

熊本市のこの方式は、全国自治体からも注目を浴びているそうで、
今度もこのような取り組みが広がっていったらいいな、と思えるような
少しだけ希望のある取材内容でした。

4_20090924215055.jpg

打って変って、後半の取材は・・・。

おそらく圧倒的多数であろう殺処分の現場…でした。
「毒ガス部屋に壁で押しやられて、苦しみながら死んでいく・・・」
いろんなところで目にするこの事実は知っていたけれど、
映像で見るのは初めてでした。
百聞は一見に如かず・・・まさにその通りです。
檻の中で絶望の表情をして震える犬たちが、
ゆっくりと確実に壁に押しやられて移動していく姿は
直視するのがやっとで・・・。
悲痛な叫び声がいくつも響く中、二酸化炭素ガスが注入準備がなされ、
その間もカメラはじっとアップで犬たちの表情を捉えていました。
どの犬も、なんとも言い表せない表情で、
必死で何かを訴えようとしていたように思えます。
満員のエレベーターのような中、ガスが注入され始めると
苦しそうに悶え、叫びながらもがく姿・・・。
ガスの注入が終わっても、まだ生への執着を諦められずに
ピクピクと体を体を動かす姿・・・
そこにあったのは、安楽死とはまるで正反対の光景でした。

年間、30万頭もの犬、猫がこのような最後を遂げているのかと思うと
哀しすぎて言葉がありません・・・。

近年では、野良犬の捕獲などは減ってきてるようですが、飼い主による老犬の持ち込みが
急速に増加しているとのことです。

How Could You...という詩を思い出したので文末に転載させていただきます。

ニュースを見て、なんとも絶望的で真っ暗な気持ちになったけど
数日経ったら、きっとこの気持ちもやわらいでしまうのかもしれません。

毎日3000匹もの尊い命が奪われていく中、
立派なことは何ひとつしていない立場だし、このような記事を書くのは
非常におこがましいのですが。
少しでもこの気持ちを大切にしていきたいと思います。

5_20090924215055.jpg

TVの放送中、ラファンが喰いるように画面を見つめ、
心配そうに首を傾げていた姿がとても印象的でした。

いつか全てのワン・ニャンが殺処分機の中ではなく、
飼い主さんの腕の中で眠れる日が訪れますように。

伝えたいことはたくさんあるけど、文章力がないのが非常に悔やまれます。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


『How Could You...』 ジム・ウイリス

When I was a puppy, I entertained you with my antics and made you laugh.

私が子犬だった頃、私はあなたが喜ぶような仕草をして、あなたを笑わせましたね。

You called me your child, and despite a number of chewed shoes and a couple of murdered throw pillows, I became your best friend.

あなたは私のことを「私の子ども」と呼び、私がどんなに靴やクッションを破壊しても、
私たちは最高の友だちでした。

Whenever I was "bad", you'd shake your finger at me and ask "How could you?"

私が「いたずら」をすると、あなたは私を指差し、その指を振りながら、
どうして・・・?」と問いました。

But then you'd relent, and roll me over for a belly rub.

しかしあなたはすぐに微笑み、私を転がしおなかを撫でてくれました。

My housebreaking took a little longer than expected, because you were terribly busy, but we worked on that together.

あなたがとても忙しかったので、私のその破壊癖は思ったより長く続きましたが、
お互い時間をかけて解決しましたね。

I remember those nights of nuzzling you in bed and listening to your confidences and secret dreams,

あなたのベッドであなたに寄り添い、あなたの信念や、誰にも秘密にしていた将来の夢に
聞き入った夜のことを私は今でも覚えています。

and I believed that life could not be anymore perfect.

そしてあのとき私は、これ以上幸せな人生はないと、固く信じていました。

We went for long walks and runs in the park,

私たちは公園でたくさん散歩をしたり走ったりしましたね、

car rides, stops for ice cream

ドライブをし途中でソフトクリームを食べることもありました。

(I only got the cone because "ice cream is bad for dogs," you said),

(あなたは「アイスクリームは犬の身体に悪い」と言って、私にはコーンだけくれましたね。)

and I took long naps in the sun

私はいつも陽だまりでうたた寝をしながら、

waiting for you to come home at the end of the day.

あなたが一日の仕事を終えて家に帰ってくるのを待ち続けました。

Gradually, you began spending more time at work and on your career,

徐々に、あなたは仕事や出世のために費やす時間が長くなり、

and more time searching for a human mate.

さらに人間のパートナーを探すようになりました。

I waited for you patiently,

私は辛抱強く待ちました。

comforted you through heartbreaks and disappointments,

あなたが傷付いた時や落ち込んだ時にはあなたを慰め、

never chided you about bad decisions,

あなたの間違った決断も決して非難せず、

and romped with glee at your homecomings,

あなたが家に帰ってくると、おおはしゃぎして喜びました。

and when you fell in love.

そして、あなたが恋に落ちたときも。

She, now your wife, is not a "dog person"

彼女(今はあなたの奥さんですが)は「イヌ好き」な人ではありませんでした

still I welcomed her into our home, tried to show her affection, and obeyed her.

それでも私は私たちの家に彼女を受け入れ、愛情を示し、彼女の言うことを聞きました。

I was happy because you were happy.

あなたが幸せだったから、私も幸せだったのです。

Then the human babies came along and I shared your excitement.

やがて人間の赤ちゃんたちが産まれてきて、私も一緒に、その興奮を味わいました。

I was fascinated by their pinkness, how they smelled,

私は、赤ちゃんたちの、そのピンク色の肌とその香りに、魅了されました。

and I wanted to mother them too.

私も、「母」のように赤ちゃんたちを可愛がりたかったのです。

Only she and you worried that I might hurt them,

しかし、あなたと彼女は、私が赤ちゃんたちを傷つけるのではないかと心配し、

and I spent most of my time banished to another room, or to a dog crate.

私は一日の大半を他の部屋やケージに閉じ込められて過しました。

Oh, how I wanted to love them, but I became a "prisoner of love".

あぁ、私がどれほど赤ちゃんたちを愛しいと思ったことか。
私は赤ちゃんたちの「愛の虜」でした。

As they began to grow, I became their friend.

赤ちゃんたちが成長するにつれて、私は彼らの友達になりました。

They clung to my fur and pulled themselves up on wobbly legs,

彼らは私の毛にしがみついて、よちよち歩きでつかまり立ちをしたり、

poked fingers in my eyes, investigated my ears, andgave me kisses on my nose.

私の目を指で突付いたり、耳を覗いたり、私の鼻にキスをしました。

I loved everything about them and their touch--

私は彼らの全てを愛し、彼らが私を撫でるたびに喜びました。

because your touch was now so infrequent--

何故なら、あなたはもう、めったに私に触ってくれなくなっていましたから・・・

and I would have defended them with my life if need be.

もし必要であれば私は命を投げ出しても、彼らを守ったでしょう。

I would sneak into their beds and listen to their worries and secret dreams,

私は彼らのベッドにもぐりこみ、彼らの悩み事や、秘密の将来の夢に聞き入りました。

and together we waited for the sound of your car in the driveway.

そして私達は一緒に、あなたを乗せて帰ってくる車の音を待ったものです。

There had been a time, when others asked you if you had a dog,

以前あなたは、誰かに犬を飼っているかと聞かれると、

that you produced a photo of me from your wallet and told them stories about me.

私の写真を財布から取り出し、私の話を聞かせていたこともありましたね。

These past few years, you just answered "yes" and changed the subject.

ここ数年、あなたは「ええ」とだけ答え、すぐに話題を変えました。

I had gone from being "your dog" to "just a dog,"

私は「あなたの犬」から「ただの犬」になり、

and you resented every expenditure on my behalf.

あなたは私にかかる全ての出費を惜しむようになりました。

Now, you have a new career opportunity in another city,

そして、あなたは別の街で新しい仕事を見つけ、

and you and they will be moving to an apartment that does not allow pets.

みんなでペットの飼えないマンションに引越しをすることになりました。

You've made the right decision for your "family,"

あなたは自分の「家族」のために正しい決断をしましたが、

but there was a time when I was your only family.

かつて、私があなたのたった一人の家族だった時もあったのです。

I was excited about the car ride until we arrived at the animal shelter.

私は久々のドライブが、とても嬉しかったのですよ・・・保健所に着くまではね。。。

It smelled of dogs and cats, of fear, of hopelessness.

そこには犬や猫たちの、恐怖と絶望の臭いが漂っていました。

You filled out the paperwork and said "I know you will find a good home for her."

あなたは書類に記入を済ませて、係員に「この子にはよい里親が
見つかると思うよ」と言いましたね。

They shrugged and gave you a pained look.

保健所の人は肩をすくめて、眉をひそめました。

They understood

彼らは知っていました。

the realities facing a middle-aged dog, even one with "papers゛

たとえ「血統書」付きでも、歳を取った成犬たちが直面する現実を・・・

You had to prise your son's fingers loose from my collar as he screamed "No Daddy! Please don't let them take my dog!"

あなたは、「パパやめて、ボクの犬を連れて行かせないで!」と叫ぶ息子の指を
一本一本、私の首輪から引き離さなければなりませんでしたね。

And I worried for him,

私はあなたの子供のことを心配しましたよ。

and what lessons you had just taught him about friendship and loyalty, about love and responsibility, and about respect for all life.

何故なら、あなたはたった今、このことを通して、友情、誠実さ、愛、責任、
そしてすべての生命への尊厳の意味を、彼に教えたのですから。

You gave me a good-bye pat on the head, avoided my eyes, and

あなたは私の頭を軽くたたき「さよなら」と言いました。あなたは私から目をそらし、

politely refused to take my collar and leash with you.

首輪とリードを持ち帰ることさえ、丁重に断りました。

You had a deadline to meet and now I have one, too.

あなたが期日を守ったように、今、私にも期日がやってきました。

After you left, the two nice ladies said

あなたが去った後、二人のやさしい女性係員は言いました。

you probably knew about your upcoming move months ago and

何ヶ月も前から引越しのことを知っていたはずなのに、

made no attempt to find me another good home.

里親を探す努力もしなかったのね・・・と。

They shook their heads and asked "How could you?"

彼女たちは頭を振りながらつぶやきました。「どうして・・・?」

They are as attentive to us here in the shelter as their busy schedules allow.

保健所の人たちは、忙しいスケジュールの合間に、とても親切にしてくれました。

They feed us, of course, but I lost my appetite days ago.

彼らはもちろん食事をくれましたが、私の食欲はもう何日も前からなくなっていました。

At first, whenever anyone passed my pen, I rushed to the front,

最初は誰かが私のケージの前を通るたびに、私は急いで走り寄りました。

hoping it was you that you had changed your mind,

あなたが考えを変えて私を迎えに来てくれたのだと願いました。

-- that this was all a bad dream...

このことが全部、悪い夢であってほしいと・・・

or I hoped it would at least be someone who cared, anyone who might save me.

そうでなければ、せめて私を気にかけ、
ここから私を助け出してくれる誰かが現れてほしいと・・・

When I realised I could not compete with the frolicking for attention of

しかし、幼い子犬たちの愛情を求める可愛らしい仕草には敵わないと悟った年老いた私は、

happy puppies, oblivious to their own fate. I retreated to a far corner and waited.

子犬たちの明るい運命を脇目にケージの隅に引っ込み、ひたすら待ちました。

I heard her footsteps as she came for me at the end of the day,

ある日の夜、係員の女性の足音が私に近づいてきました。

and I padded along the aisle after her to a seperate room.

そして、私は彼女の後に続いて通路を静かに歩き、別の部屋に行きました。

A blissfully quiet room.

しんと静まり返った部屋でした。

she placed me on the table and rubbed my ears, and told me not to worry.

彼女は私を台の上に乗せ、私の耳を撫で、「心配しないで」と言いました。

My heart pounded in anticipation of what was to come,

私の心臓は、今まさに起きようとしていることを予期し、ドキドキと鼓動しました。

but there was also a sense of relief.

しかし同時に、安心感のようなものも感じました。

The prisoner of love had run out of days.

かつてあなたに愛された私には、もう時は残されていませんでした。

As is my nature, I was more concerned about her.

生まれついての性格からか、私は自分のことより、係員の彼女のことを心配しました。

The burden which she bears weighs heavily on her,and I know that,

彼女が今果たそうとしている責務が、彼女に耐え難い重荷となってのしかかっていることを、
私は感じていたからです

the same way I knew your every mood. ・・・

かつて私があなたの気持ちをすべて感じ取ったように-。

She gently placed a tourniquet around my foreleg as a tear ran down her cheek.

彼女は頬に涙を流しながら、私の前肢に止血帯を巻きました。

I licked her hand in the same way I used to comfort you so many years ago.

私は、何年も前に私があなたを慰めたときと同じように、彼女の手を舐めました。

She expertly slid the hypodermic needle into my vein.

彼女は私の静脈に注射の針を挿入しました。

As I felt the sting and the cool liquid coursing through my body, I lay down

私は針の傷みと、体に流れ入る冷たい液体を感じ、横たわりました。

sleepily, looked into her kind eyes and murmured "How could you?"

私は眠気に襲われながら彼女の目を見つめ、「どうして・・・?」と呟きました。

Perhaps because she understood my dogspeak,

おそらく・・彼女は私の犬の言葉が分かったのでしょう、

she said "I'm so sorry."

「本当にごめんなさい」と言いました。

She hugged me, 彼女は私を腕に抱きました。

and hurriedly explained that it was her job to make sure I went to a better place, where I wouldn't be ignored or abused or abandoned, or have to fend for myself-- a place of love and light so very different from this earthly place.

そして、「あなたはもっと良い場所へ行くのよ。」
「ないがしろにされたり、虐待されたり、捨てられたり、
自力で生きていかなけらばならないようなところではなく、
愛と光に満ちた、この世界とは全く違う場所に、
あなたが行くのを見届けるのが私の仕事なの・・・。」と、急ぐように説明しました。

And with my last bit of energy, I tried to convey to her with a thump of my tail that

私は最後の力を振り絞り、尻尾を一振りすることで、彼女に伝えようとしました。

my "How could you?" was not directed at her.

さっきの「どうして・・・?」は彼女に対する言葉ではなく、

It was you, My Beloved Master,

あなた。私の最愛なる主人・・あなたへの言葉だったのだと・・・。

I was thinking of.

私はいつもあなたのことを想っていました。

I will think of you

これからもあなたのことを想うでしょう・・・

and wait for you forever.

そして私は永遠に、あなたを待ち続けます。

May everyone in your life continue to show you so much loyalty.

これからあなたの人生に関わるすべての人たちが、私と同じくらい誠実でありますように。

THE END.



| 日常 | 23:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

段々畑で夢の中~♪

涼しくなってきたせいか、最近は
エルネもラファンもフカフカな場所を好んで眠るようになってきました。

少し前まで、エルネはフローリング専門だったのに、
今では二人仲良く同じ場所で・・・。

段々畑のような画で、眠る姿が面白かったので
そっとカメラを向けてみました。

1_20090923220846.jpg

ラファンのチョンマゲが随分崩れているので、少々分かりにくいですが
手前がエルネで、奥がラファンです。

シャッターの音が大きいので、一枚撮ったところで
起こしてしまいました・・・。

2_20090923220846.jpg

ふたりとも、ちょっと怖いお顔・・・(^_^;)

半眼で足をバタバタしたり、寝言を言うくらいまで熟睡してる時以外は
びっくりするくらい敏感ですよね、ワンコって。

3_20090923220845.jpg

起こしてしまって、ごめんねー(^_^;)

でもその後、またすぐに寝てしまいました;

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 日常 | 23:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軟禁生活の救世主~続編

昨日の記事に引き続き、かなぽんとりんごちゃんが
お泊まりにきてくれた時の出来事です。

1_20090922234321.jpg

笑顔のりんごちゃん♪
コロンくんとパピコちゃんも遊びにきてくれましたよ~。
ブリーダーさん出身ワンコのプチオフっぽくなりました♪

ノミダニ予防のカタンドッグ・メタルも、コロンくんがつけると
何故かおしゃれなアクセサリーに見えてしまうから不思議…。

2_20090922234321.jpg

パピコちゃんがつけてもやっぱりアクセサリーっぽく見えちゃうなぁ。

3_20090922234321.jpg

偽耳スタイルもほぼ完成したようで、いつも以上に可愛さが際立っています。
毛色が全体的にプラチナっぽく変わってきて、
ますます女の子らしくなっているような…。

4_20090922234321.jpg

秋冬バージョンのお洋服がとってもお似合い~。
こちらももちろんママさんの手作り♪

5_20090922234320.jpg

コロンくんはラファンとガムの取り合いで遊んでくれました~。
豚皮のうす~いガムなのですが、コロンくんはとっても気に入ってくれたみたい♪

6_20090922234320.jpg

毛虫のおもちゃも気に入ってくれたみたいで、
ず~っと口に咥えたまま歩いていました、笑。

7_20090922234335.jpg

5ワンはみんな思い思いに遊んでいて、なかなかまとまらないので
全員ショットを撮るのはちょっと無理があります・・・。

8_20090922234335.jpg

おやつを見せてもみんな視線が揃わず・・・。

特にりんごちゃんは、おやつそっちのけで
かなぽんばかり見つめています、笑。

9_20090922234334.jpg

ラファンはソファーから降りてどっかに行っちゃうし、
ホント、みんなでちゃんと撮るのは難しいです・・・。

10_20090922234334.jpg

コロンくんとパピコちゃんが遊びに来てくれたのは、
お泊まり一日目のことなのですが、
2日目もみんなで集まって、コロパピママに遠くの人里離れた場所へ
お散歩に連れて行ってもらいました~。

一日目の夜はかなぽんとビーズリードを作りましたよ(*^_^*)
とっても楽しい2日間でした☆

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| ワン友達 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軟禁生活の救世主

またまた更新の間隔が開いてしまい、申し訳ありません。

この5日ほどの間、何をしていたかと申しますと、
前半の3日間は仕事がハードだったのと、
タイミング悪く風邪をひいてしまって
家では風邪の治療に専念・・・しておりました。

1_20090921223619.jpg

そして、連休に突入した後半の2日間に(熱もひきました)
お友達がお泊りにきてくれました~。

ヒート中でお散歩もちょこっとだけのエルファンにとっては
とってもうれしいはず・・・!!

2_20090921223619.jpg

来てくれたのはブリーダーさん(トイプードル KANA MOCO FAMILY)の
女の子のかなぽんと、かなぽんの相方のりんごちゃん

3_20090921223618.jpg

りんごちゃんはエルネとラファンの叔母さんにあたります。
かなぽんひとすじのと~ってもお利口な女のコ。
お泊まりは初めてだそうですが、環境が変わったにも関わらず
3ワンの中で圧倒的にお利口さんです。

3ワンは今までにも数回会ってるので、久しぶりの再会に大喜び~!!
・・・というわけにはいかず、最初はちょっと緊張しているみたいでした。
(そういえば今までも直接的に絡んだことはないもんね。)

↓何故か固まるエルネちん。。。笑

4_20090921223618.jpg

りんごちゃん、笑顔がとっても可愛いらしい~(*^_^*)
ただ、かなぽん命!でかなぽんばかり見つめているので
カメラ目線のタイミングが難しい・・・。
毛量があって、長めのハサミカットだからまるっこく見えますが
決しておデブちゃんじゃありませんよ~!

5_20090921223618.jpg

3ワンで密着してもらいたかったけど、無理でした(~_~;)

6_20090921223618.jpg

室内の写真は普段、夜に撮ってるのですが、この日はお昼に撮ったので
残念なことに、少し微妙な感じがしてしまします;

一番最初と↓最後の写真のみ、今日の夜、撮影したものです。

7_20090921223628.jpg

明日は更新できると思いますので、よかったらまた遊びにきてください。
コメントの返信も遅くなってスミマセン。
いつも、ありがとうございます(*^_^*)


ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| ワン友達 | 23:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エルネちん、撮影拒否…?

ヒートまっただ中のエルネちんとラファンたん。

食欲はいつもとほとんど変わらないし、体調も崩していません(*^_^*)
ですが、エルネちんはあんまり元気がない…というか
ご機嫌麗しくないようで・・・。

1_20090917000319.jpg

いつもはカメラを向けてもかなり協力的なエルネちんですが、
ここ数日間はいそいそと逃げていくので
あんまり写真を撮っていません。

2_20090917000319.jpg

一方で、ラファンの方はいつもと変わらず元気いっぱい。
エルネに対してもいつも通り強引に絡んでいくので、
ちょっと迷惑がられて怒られたりもしています(^_^;)

エルネちんが撮影に乗り気じゃないので、今日はラファンにがんばってもらいました♪

3_20090917000319.jpg

4_20090917000319.jpg

5_20090917000319.jpg

6_20090917000319.jpg

なんだか振り子時計のようなこの動き(^_^;)

ラファンは奇怪な音を聞くと、不思議そうに首を傾けるんですよね。
かなり角度もあるし、音がしなくなるまでずっと、首をひねっています。

ワンコのこんな仕草って、とっても可愛く思えますよね~♪

エルネちんはおそらく、体がだるかったりして
やっぱり本調子ではないんだと思います。
早く体が楽になってくれるといいなぁ。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 未分類 | 23:59 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い切って♪カット!?

↓このコは誰でしょう~??

って、ばっちり画像に名前を埋め込んでますけど…(^_^;)

1_20090915221956.jpg

ラファンたん、随分、おとなっぽくなりました。
これなら、もうすぐ11ヶ月になるって、見えるかな。

だけど、体はモッサモサなのでお顔が小さく見えてアンバランスかも(^_^;)

エルネちんもさすがにびっくりしたよね?

2_20090915221956.jpg

え~っと。。。

タイヘンモウシワケゴザイマセン。
調子に乗るのもここらへんまでで・・・。

お気づきになられたかと思いますが、偽カットでございます。

ラファンのチョンマゲは未だ健在です(*^_^*)

3_20090915221956.jpg

チョンマゲを切ったらどんな感じになるかなぁって思って、
画像ソフトで遊んでみたのでした(^_^;)

やっぱりラファンはチョンマゲが似合ってるのかなぁ?
ラファンのはっちゃけた性格を考えると、
やっぱりチョンマゲがぴったりなのかな、なんて思っちゃいます(*^_^*)

プードルはカットで良くも悪くも変わるので、冒険してみたい気分のときもあるけど
冒険するのにも勇気が要りますよね。

トリミングワンとお暮らしの皆さんは、カットスタイルは決まってますか?




*** おまけ ***

エルネとラファンの隣にティッシュ箱を置いてみました。
時代に乗り遅れ気味?ですが、大きさ比べというものです。

これをやるのはちょっと、緊張してしまいます。

4_20090915221956.jpg

エルネもものすごく緊張していたみたい。
(ティッシュ箱は怖いみたいです)

ちょっと無理やりになってしまったので、表情が暗いです;
エルネちん、ごめんよ~;

ラファンも、やっぱり怖いみたいで、うまく撮れませんでした。

5_20090915221956.jpg

でも、だいたいこんな感じの雰囲気です。

エリエールキュートが何とも言えない生活感を醸し出していますね(^_^;)
そして、それに加えてティッシュ箱が倒れないように、
底と裏側にガムテープを貼りまくりなのです;

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 日常 | 23:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

申し合わせたわけじゃないけれど?

ブログ開設一周年を迎えて早々、
更新が滞っておりまして申し訳ございません;

ちょっといろんなことが重なって
バタバタと忙しくしておりました(~_~;)

お久しぶりのエルネちん。

1_20090914225554.jpg

更新をお休みしていた間に、ちょっとした変化がありましたっ。
私にとってはビックニュースです(*^_^*)

なんと、いつまでも子犬のように思っていたラファゴンに

2_20090914225554.jpg

ついに、ヒートがきましたぁーー!!

3_20090914225553.jpg

大人の犬さんになったってことなので
とても喜ばしいことですよ(*^_^*)

あと少しで11カ月になるラファン、平均よりも少し遅めの初ヒートでした。
(平均がいまいちよく分からないのですけどね;)

4_20090914225553.jpg

ラファンたん、本当におめでとう(*^_^*)

そして、ラファンのヒートが発覚した、まさにその日に
なんと、エルネちんまで・・・!

5_20090914225553.jpg

やっぱり、「うつる」のでしょうか??

6_20090914225553.jpg

申し合わせたかのような、このタイミングには
さすがに驚いてしまいました(^_^;)

7_20090914225618.jpg

先日の週末や、来週のシルバーウィークなど、
ワンコ友達と会えることになっていたのですが、
残念ながら、延期ということになってしまいました・・・><

しばらくは、ひっそりと軟禁生活を送ることになりそうです;

前回のトリミングからちょうど1ヵ月が経って、
モサモサになりつつあるのが、どうにも気がかりですが…。

これからしばらく、このまま膨らみ続けることになりました。

↓エルネちん、なぜか顔が横に広がってきてる気がしませんか?笑

8_20090914225618.jpg

このままどんどん、横につぶれていっちゃたらどうなるかなぁ?
しばらくはお顔だけセルフカットで乗り切りたいと思います;

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 記念日 | 23:32 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝☆ブログ開設一周年!!

えっと、一日遅れになってしまうのですが、
実は、なんとなんと…

昨日で当ブログ開設一周年を迎えました~。

正直なところ、この更新ペースで一年間も続けられるなんて
開設当初は全く夢にも思っていませんでした。

ものすごく飽きっぽい私が今日まで更新を続けてこれたのは
(ありきたりな言葉になっちゃいますが)
ひとえに、こちらに足を運んでくださる皆様のおかげです。

いつもいつも、本当にありがとうございます。

4_20090911002001.jpg

ブログを通じて、たくさんの方と素敵なご縁にも恵まれ、
続けてきてよかったなぁって、心から感謝しています。

エルネもラファンも毎日毎日カメラを向けられて、
ちょっとうんざりしてるんじゃないかと思うのですが、
いつも良い表情でつきあってくれて、本当にありがとう。

↓この写真は一年前のエルネちん。

2_20090911002002.jpg

今と随分雰囲気が違います。
お耳も長いし、カットスタイルも違うし、
毛色も今よりもくっきりしてます。

このころはラファンもまだ家に迎えていなかったんだよね。
愛情を独占してたエルネちん。

ラファンを迎えてから、私は更に毎日が楽しくなったけど、
正直なところ、エルネはどう思っているのか、
真面目に会話してみたくもあります。(ムリだけど…)

3_20090911002001.jpg

「今の方が幸せだよ」って言ってくれたら、きっと私は泣いちゃうなぁ。

一年間、本当にあっという間でしたけど、
その間にたくさんの出来事がありました。

1_20090911002002.jpg

ラファンを迎えてからは、エルネもご飯をたくさん食べるようになったし、
起きている時間も長くなったし、活発になったように思います。

なによりワンコらしく楽しそうにじゃれあってる姿が見れるのが
最高に嬉しいです。

5_20090911002001.jpg

これからも、まったりと更新を続けられたらいいな~って思っています。
皆さま、これからも末長くよろしくお願いします(*^_^*)

***

ブログ開設一周年の昨日、
エルネの妹(パパママ一緒)のジュエルちゃん(ジュエルちゃん登場記事)が
赤ちゃんを産みました~。
(初産です)

ブログ開設一周年を迎えると同時に、エルネちんは「おばさん」になったのです(^_^;)

6_20090911002001.jpg

可愛い2匹の女のコ。

7_20090911002321.jpg

これからどんどん可愛くなるんでしょうね。
このコたちの成長がとても楽しみです(*^_^*)

8_20090911002317.jpg

※画像はブリーダーさんよりお借りしています。
ブログはこちら
(とっても楽しいブログです♪)

遅い時間になってしまったので、
コメントのお返事は明日させていただきます。
ゴメンなさい><

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 記念日 | 23:59 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほどほどが一番?

収集癖のあるラファンたん。
今日もおもちゃをベットに持って行って幸せそうに寝ています。

本当はベットでエルネちんとふたり仲良く寝てもらいたかったのに・・・。
(エルネさんは暑いのか、今はフローリング派です;)

1_20090909225220.jpg

おもちゃに囲まれて寝ている様子が面白かったので、
他のおもちゃを持って来てみました。
※持ってきたのはラファンじゃなくて私です。

2_20090909225219.jpg

お気に入りのおもちゃにうずもれて、幸せそうな(?)表情のラファン。

3_20090909225219.jpg

最初はそのまま寝ていましたが…

4_20090909225219.jpg

しばらくすると、おもむろに起き上がって…

5_20090909225218.jpg

あからさまに迷惑そうなお顔…(^_^;)

6_20090909225218.jpg

ラファゴン~!ごめんよ~。
寝てる様子が可愛くて、ちょっといたずらしてみたくなっちゃったんだよ。

この後、すぐにおもちゃを取り除いてあげました(^_^;)

ラファンはおもしろい行動をとることが多くて、
自然とシャッターを切ることが多くなってしまいます。

エルネちんのソロ記事って、なかなか難しいなぁ。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 未分類 | 23:51 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

引き換えはイヤ?

今日はすごく久しぶりにエルファンにおいしいおやつをプレゼント♪

大好きな砂肝ささみ巻きです。
けっこう大きくて固いので、食べ応えがあります。

1_20090908232354.jpg

エルネちんは「おあずけ」中は必死でガマンするためでしょうか…
匍匐前進ではなく匍匐後進しながらどんどん遠ざかって行きます(^_^;)

2_20090908232353.jpg

「よし」って言ってもすぐにはかぶりつかないエルネちん。
すっごく食べたかったくせに、もったいぶって楽しんでる感じなのかな?

素直が取り柄のラファゴンは瞬時に飛びつきます(*^_^*)

3_20090908232353.jpg

エルネちん、隣の芝生は青く見える…のかな。

4_20090908232352.jpg

その後、ソファーにひとり残されたエルネちんは、おもむろの食べ始めます(*^_^*)
すごく嬉しそうに食べてくれるので、こっちまで嬉しくなっちゃいます。

5_20090908232352.jpg

ラファンはどこで食べてるのかというと・・・

サークルの中です。

おいしものをゆっくり味わいたいときは、この中が落ち着くみたい♪

6_20090908232351.jpg

この後、砂肝ささみ巻きが少し小さくなってきて飲み込むと危ない感じだったので、
柔らかいジャーキーと引き換えに取り上げました。

・・・が、ジャーキーを食べた後、ずっと砂肝ささみ巻の行方を捜しています。
「ここに置いておいたはずなのに・・・」って焦って
うろうろと探してる様子がなんとも気の毒です。

う~、仕方ないけど、結果的に騙してる感じなので胸が痛みます(^_^;)
ワンコって、本当にピュアですよね。
楽しみを取り上げてごめんよぅ~。


ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆


| 日常 | 23:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家で遊びました♪

日曜日の出来事の続編です(^_^;)

うにちゃんと一緒に家に帰りついた途端、
尻尾フリフリですぐに打ち解けたうにちゃんとラファンたん。

前々から相性が良かったけど、今日は久々に会えたからなのか
お互いにすごく嬉しそうでした♪

お外で会うのも楽しいけど、家の中で会うとワン同士の距離が縮まるのが
すごく早い気がします。

1_20090907230105.jpg

エルネちんも、控えめながら、うにちゃんとたくさん遊んでましたよ。
いつもマイペースで他のワンちゃんとあんまり絡まないエルネちんですが、
うにちゃんには自分からくっついていって遊びに誘ってました♪

3姉妹なだけあって、みんな相性がいいみたい(*^_^*)

そんな光景が見られるのも、やっぱり家の中だからかな。
エルネもラファンも外だといろいろ気が散ってしまって(^_^;)

4_20090907230104.jpg

久々の再会を果たした3ワンが、
仲良く遊びまわってくれるのが本当に嬉しかったです。

しかしながら。

賑やかにワラワラと遊びまわる3ワンの子守りを母に任せておいて、
実はうにちゃんママと私はあることに熱中しておりました…笑。

憧れのビーズリード作成です。
うにちゃんのママに作り方を教えていただきました。
ずっと作りたいな~って思いながらも作り方が分からなかったので
とっても嬉しかったです(*^_^*)

どうもありがとうございました><

2_20090907230104.jpg

上の写真は私が作ったものです。

そして下の写真はうにちゃんママさんが作ったもの。

3_20090907230104.jpg

お互いにそれぞれパーツを選んで、デザインもそれぞれに考えてたけど、
いざ出来上がってみると、雰囲気が似ていて、ちょっとおもしろかったです(^_^;)

ホワイトバランスの加減で色味が違って見えますが、実物は色味もかなり近いです。

うにちゃんママの方がだいぶ凝ってて高級感がありますけどね~!
(換えてもらえませんか?って言いそうになっちゃったもん;)

5_20090907230103.jpg

エルネちん、お気に召していただけましたでしょうか?

6_20090907230103.jpg

うにちゃんとエルネとラファンも仲良く遊んでくれたし、
おかげさまで、念願のリード作りもできたし、
とっても大満足な一日になりました(*^_^*)

***

兼ねてから私のブログは、誤字脱字がものすごーく多いって、
自分でも気づいていましたが(半分、寝ながら書いたりしている)
昨日の記事はマジでやってしまったー!って感じでございました。

だって「グリーンカレー」を「グローンカレー」って…笑。
一気においしくない感じにしてしまいました;
※当たり前ですが、コーデュロイカフェさんは
グローンカレーは提供されておりません(^_^;)

おまけにコメントのお返事の半分を前日の記事の方に書いてしまいました。
(どちらも訂正済です)

これは流石にあんまりですよね…。
読みにくい記事なのにいつも読んでくださってありがとうございます。

もうちょっと気をつけるようにします><
(多分このフレーズ2回目です…スミマセン)

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| ワン友達 | 23:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に会えました♪

今日は、なかなか予定が合わなくて会えなかった、エルネちんの妹ちゃんと
一緒にお出かけしてきました~!

ちょっと遅めのランチは天神は大名のコーデュロイカフェへ☆

1_20090907000759.jpg

久々に会えたうにちゃん、今日も一番お利口さんでした♪
うにちゃんのほほ笑みには本当に癒されるなぁ(*^^)v

2_20090907000759.jpg

↑かわいいでしょ~?

4Fにある店内はガラス張りで日差しが降り注ぐオシャレな空間。

3_20090907000758.jpg

お店に到着の際、満席だった店内ですが
ランチを食べ終わる頃には夜の貸し切りイベントの準備中になって
写真を撮ることができました。

4_20090907000758.jpg

エルネは大好きなウ二ママに会えて大喜び!
ラファンはいつものことながら、カフェでは眠そうです(^_-)

5_20090907000757.jpg

うにちゃんはバッグごと横になってくつろいでいました(*^_^*)

6_20090907000757.jpg

カレーランチが有名なお店ですが、グリーンカレーが食べたい気分になって
そちらを注文しちゃいました♪

ドリンクつきで850円だったかな?

スパイシーでおいしかったです♪

7_20090907000820.jpg

デザートも可愛くておいしそうなものばかりだったから食べたかったけど、
イベント準備のためにいったんCLOSEになってしまうので、
次回リベンジしたいと思います☆

8_20090907000820.jpg

この後はうにちゃんも一緒に家に帰って、みんなでホッコリしました~(*^_^*)
続きはまた明日書かせていただきます!

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| ワン友達 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

がんばってきます。。

家の中で、エルネちんとラファゴンのテンションが
最も下がる場所にやってきました・・・。

1_20090905231143.jpg

普段ピンと立ってるラファンの尻尾も、ここではその姿を消してしまいます(^_^;)

2_20090905231143.jpg

エルネもラファンもお風呂が嫌いなので、
お風呂が好きなワンちゃんがうらやましいです。

小さい頃にシャンプーで嫌な思い(鼻や耳にお湯が入ったり)をしたり、
シャワーの音なんかで怖い思いをすると
嫌いになっちゃうって、しつけ本とかに書いてありますが・・・。

気をつけていたつもりでも、やっぱりお風呂嫌いにさせちゃいました・・・。

お風呂好きなワンコはどんな風にシャンプーされてるのか、とっても気になります。
今からじゃ克服は無理でしょうけど、純粋にその魔法のテクニックが知りたいなぁって(*^^)v

3_20090905231142.jpg

今日も、ふたりまとめてザブザブ洗ってきました(*^_^*)
洗うこと自体は好きなんだけど、ずっとかがんでるから腰にくる…。

私自身はヘトヘトになっちゃいますが
お風呂上がりに繰り広げられる大運動会は、いつ見ても笑わせられます。

なんでお風呂上がりはハイテンションなんでしょう~。
嫌なことから解放されたから?体が濡れてて気持ちが悪いから?
お風呂上がりにハイテンションになるワンちゃんって多いみたいですが、
理由はみんな一緒なのかなぁ。。

お風呂にまつわるワンコの心情、いつか聞いてみたいものです。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 日常 | 23:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院お疲れさまっ!

いつもより、曇った表情のエルネちん。
手前に置かれているのは診察券と内服薬・・・。

1_20090904232608.jpg

そうなんです、今日は病院に行ってきました。
本人は気にしている様子はないのですが
エルネちんの下腹部に湿疹ができていて、
昨日よりも急にひどくなっていた感じがしたので
仕事帰りに、近所の病院で早めに診てもらいました。

あ、「下腹部」って濁して書きましたが
率直にいうと、チッチがでるところです(^_^;)

診察の結果、菌が入って炎症を起こしているとのこと。
抗生物質を飲めば治るそうで、あまり心配しなくてよさそう・・・。
ひとまず安心です(*^_^*)

それにしても、病院から帰宅後すぐに写真を撮ったので、
お顔がもろに不機嫌なまんま・・・笑。

2_20090904232608.jpg

診察台では私に必死でしがみついて、体重を計ることさえままならない感じでした(^_^;)

ついでに診てもらったラファゴンは、尻尾はさげるものの堂々としたたち振る舞い。
触診では何も問題なかったラファンですが、やっぱりちょっと肥満ぎみだそうで
100gくらい落とした方がいいとのこと。

今日から食事のお肉の量を減量しつつ様子を見てみます。

エルネとラファンに診察券を差し出してみると・・・。

3_20090904232607.jpg

ちゃんとどっちが自分の診察券なのか、分かったみたいです!!
(…って、単に近い方に興味を示してるだけですが、お付き合いくださいませ;)

4_20090904232607.jpg

それにしても、子の診察券を手にする度に
吹き出しそうになっちゃいます・・。

だってだって、エルネちんがクマなんですもんー、笑。
あまりプードルには見えない幼少時代でしたが、
なんとか、道を踏み外すことなく大きくなってくれました(*^_^*)

5_20090905000136.jpg

写真はおそらく生後3ヵ月くらいの頃かな?
小さいころを思い出すと、いろいろと感慨深いものがあります。
(写真はどう見てもお笑い系だけど;)

6_20090905000136.jpg

エルネちん、立派に成長してくれて本当にありがとう!

湿疹が早くよくなりますように・・・。

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 日常 | 00:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつでも♪夢の中でも♪

ガム大好きのラファゴン。
いつもエル姉さんにほどいてもらって柔らかくなったガムを
大事そうに持ち歩いています(^_^;)

1_20090903230113.jpg

エルネは新しいガムには飛びつきますが、クタクタになったものには
あまり興味がなくて・・・。
食後は一緒にゴリゴリやったり、取り合いっこしたりするんですけどね。

嬉しそうにガムを抱えるラファン。

2_20090903230113.jpg

形を変えることさえできないけど、いつも肌身離しません。

3_20090903230112.jpg

だけど、本当に度を超えるくらいの愛しようで・・・。

今日は、なんと・・・!

4_20090903230112.jpg

ガムをくわえたまま眠っていました(*^_^*)

さすがに私もビックリして、慌ててカメラを構えたのですが
それでも起きない…笑。

5_20090903230112.jpg

やっと起きていてもくわえたまんま(*^_^*)

6_20090903230111.jpg

本当に大好きなんだろうなぁ。

7_20090903230145.jpg

この前なんか、このビーズクッションに向かって
何かモゾモゾやってるなって思って見ていたら
中にガムを埋めようとがんばっていました。

鼻を器用に使うんですよね~。
(全然埋められてなかったけど、笑)

私が見てるって気づいて、焦ってる様子に笑っちゃいました(^_^;)

8_20090903230144.jpg

毎日、笑いを運んで来てくれる愛しのラファゴン。

ちなみに、エルネもラファンも、鳥のとさかや豚耳なんかだと
小さくなって取り上げられるまでの間、すごく時間をかけて食べることができるけど、
牛皮タイプのものは未だ食べきれたためしがありません(^_^;)

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 日常 | 23:32 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色違いのこだわり。

日曜日のプールでお会いした夢華ちゃん
あまりに可愛くお洋服を着こなしていたので
私も、同じものを買ってしまいました(*^^)v

エルネが着てる方の色が夢華ちゃんとおそろいです♪

ラファンにはその色違いを~。

1_20090902225635.jpg

う~む。真正面からだと分かりにくいなぁ。

今日は以前コロンくんとパピコちゃんのママさんから作っていただいた
リボンをつけましたよ~。

フェイクイヤーだとつける位置が難しいのですが
リボンをつけると女のコ~って感じがして新鮮です(*^_^*)

2_20090902225635.jpg

エルネちん、お顔の毛がだいぶモサモサだけど
良い笑顔~♪

ラファンのチョンマゲにも同じリボン(*^^)v

3_20090902225633.jpg

念願の振り向きショットにも挑戦っ。

4_20090902225633.jpg

奇跡的にカメラに収めることに成功したけれど、
ラファンも私もお互いにずいぶん回ったよね、笑。

エルネの回転速度にはついていけないので(私が)
↓この角度でガマンガマン(^_^;)

5_20090902225632.jpg

上の写真のラファゴン、お洋服がずり上がってしまってるなぁ~;
やっぱりまだまだ、色気とは無縁のようです・・・。

6_20090902225631.jpg

エルネとラファン、同じ「レッド」という毛色ですが
色違いでお洋服を着せるとき、
この色はエルネ、この色はラファンって、似合うものが明確に分かれるんですよね。

それぞれに似合う色が違う不思議…。
逆に着せるとしっくりこないのです。

でも、そう思ってるのはきっと飼い主だけだったりするんですよね(^_^;)

7_20090902225657.jpg

これから涼しくなってくるし、たくさん活躍の場がありそうです(*^_^*)

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 未分類 | 23:48 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お出かけから帰ってくると。

カートの中でうごめく怪しい影・・・。

1_20090901221451.jpg

エルネとラファンの帰宅時の様子です。

マンションのエレベータに乗るときにはカートのメッシュ蓋をかぶせているのですが
家に帰り着くとテンションが上がってしまうようで
モグラ叩きよろしく、ふたりでぴょこぴょこと蓋を押し上げます。

ちょっと奇妙なこの光景…。

チャックの間にちょっとした隙間が開いていようものならば

2_20090901221451.jpg

鼻先で器用にこじ開けて

3_20090901221450.jpg

全力で、出てこようとします。

このとき、かなり高い確率で白目になっちゃうので、
その写真は自主規制…(^_^;)

4_20090901221450.jpg

ぴょこっと出てきた、してやったりなお顔が
なんともたまりません(*^_^*)

5_20090901221450.jpg

ちなみに家に着いたときに、自力で出てこようとするのはエルネだけ~。

ラファンは、お姉ちゃんに出口を広く開けてもらった後、
おもむろにきょとんとした顔を覗かせます。

6_20090901221449.jpg

ちなみに部屋の引き戸タイプの扉も、エルネは自力で開けれるのですが
ラファンは開けれません。
器用に扉を開けたエルネの後ろを、涼しい顔でトコトコとついてきます。

まだ、経験値が低いせいなのか、苦労をしたくないために開ける努力をしないのか、
いつもどっちかな~って考えてしまいます(^_^;)

もしかしてすごく計算高いコだったら…どうしよう、笑。

だけど、生活のあらゆる場面で垣間見えるそれぞれの個性のおかげで
毎日の生活がより楽しくなる気がします(*^_^*)

ランキング参加中です♪
よかったら、クリックしてくださると嬉しいです
(クリックは1日1回PCからのみ有効となります)
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
いつも応援ありがとうございます☆

| 日常 | 22:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。